*ディスプレイのコツ*

2011.09.08 07:30|*LUPOPOの活用法*
P1080712_800.jpg


こんにちは*

今回はboxの中のディスプレイについて書いていこうと思います。

前回もお話したように、作家さんによって活動のスタンスは違いますし、
自由に、楽しく、それぞれの形でLUPOPOをご利用頂けたらと思います。
なので参考程度にご覧頂ければと思います。



『ディスプレイの重要性』


例えば音楽家は音楽を作ります。
同じ曲をやるにしても、演じる人が違えば全く違う見え方になります。


写真にしてもそうですね。
同じものを撮るとしても被写体が真ん中にあるのか、右にあるのか、左にあるのか
小さく撮るのか、ズームして大きくとるのか。
見せ方によって全く違う印象を受けます。

作家さんは作品を作りますね。
出来上がった作品をどのようにディスプレイするかによって
作品の見え方が変わってきます。

同じ作品を作ったとしても、ポンとそのまま置くのと
雰囲気のあるディスプレイの中に作品があるのとでは、
目に入るか入らないか、手に取って頂く回数も違って来ると思います。


作品の魅力をどう引き出すか? 


これがディスプレイのポイントだと思います。

同じ作品ならば作品の価値を上げるようなディスプレイをしたいきたいです。
ものづくりをする上で、物を作る技術というのはとても大切ですね。
お友達やご家族にプレゼントするならばディスプレイは考えなくても良いですね。

お客様に買って頂くとなると、梱包やディスプレイ、
作る技術だけでなく見せ方にも意識を向けてあげた方が良いかと思います。


例えば

高級ブランド店のアクセサリーの場合

お店の雰囲気からして高級感を醸し出しています。
綺麗な格好をした店員さん、ふかふかの絨毯や、
ガラス張りのディスプレイ棚に光りを当てて輝きを出しています。

1つ1つの作品に充分なスペースをとり、高い価値があるという事を見せています。
1つ1つの作品にステージを用意してあげていますね。
輝きを表す為に、黒い布の上にアクセサリーを置いたりしています。
タグにもこだわりがあり高級感が感じられます。

さすがは高級ブランド店と感じさせてくれるのは

小さい所までこだわりを持っているからではないでしょうか?
お客様は小さい所にこだわりが見えた瞬間に喜びや嬉しさを感じると思います。


少し想像して見て下さい。


高級ブランド店のネックレスが、
近所のスーパーに食品と一緒に陳列されていたらどうでしょうか?
買う人はいないと思いませんか?

あるいはゴチャゴチャと絡まってしまっているネックレスは手にとって見ようとは思いませんね。
例えそれが高級なブランドのネックレスだとしても。

魅力のある作品に見えるか見えないかは、
ディスプレイによって大きく変わってくると思います。

手作りの良さ、ハンドメイドの良さというのは
大量生産にはない、こだわりや温もり、個性が伝わる事だと思います。

LUPOPOではboxの中での展示販売となっております。
なので作品の大きさが限られてしまうという欠点があります。

ですが『小さいからこそ出来る事』があります。

小さいなら小さい事をプラスに変えていきましょう。
大きなお店を持つとなれば、小さな所迄こだわりを見せるには大変な労力がかかります。

小さなお店ならばこだわりをギュッと詰め込み、アピールする事ができるのです。

その小さなこだわりを発見した時にお客さんは笑顔になり、
『この作家さん好きだな~』とファンになって頂けたりすると思います。


もちろん、どこに置いていても、どんなディスプレイをしていても
作品の魅力が上回れば売れるものは売れていきますし、
どんなディスプレイが正しくて、正しく無いなんて事も無いです。
人それぞれ感性が違いますので、正解なんてないのです。


物を作るとき、ついつい技術をあげる事に夢中になってしまうと思います。
そのエネルギーを少しだけ『物の見せ方』の方にも向けてあげたら良いのではないかと思うのです。


ではまた次回に。

コメント

非公開コメント

*calendar*

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

*category*

*LUPOPO web*

*LUPOPO*

lupopo

cafe & gallery LUPOPO
三軒茶屋1-35-20 1F
03-6228-1097

facebookページ

*search inside blog*

*作家さんブログ&HP*